美甘麗茶(びかんれいちゃ)に副作用があるという噂は本当なの??

美甘麗茶(びかんれいちゃ)でダイエットに成功したという人の口コミは多いですよね。

 

インスタでも美甘麗茶(びかんれいちゃ)はよく見かけます。

 

でも、気になることも。

 

そう、美甘麗茶(びかんれいちゃ)の副作用です。

 

「美甘麗茶(びかんれいちゃ)を飲んで下痢になった。」
「お腹がゆるくなっちゃった。」

 

という口コミもチラホラ。

 

これって、美甘麗茶(びかんれいちゃ)の副作用なのでしょうか?

 

やっぱり自分が毎日飲むものだから、副作用があるものは怖くて飲めません。

 

でも、美甘麗茶は「痩せる!」とも評判だし・・・。

 

そこで、美観冷茶の副作用について徹底的に調べてみました。

 

すると、安心して購入できる結果に行き着いたんです。

 

今から、美甘麗茶の副作用について簡単ですが紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

>>美甘麗茶に副作用の心配なし。詳細はこちら

 

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の副作用はコレが原因??

副作用が出るには、原因があるはずです。
そこで、まず美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分を調べてみることにしました。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の全成分は

  • キャンドルブッシュ
  • 黒豆
  • コーン
  • アマチャ
  • クマザサ
  • ルイボス
  • カワラケツメイ

これだけです。

 

美甘麗茶はお茶ですから、多くの成分を使っているわけではないんですね。

 

どれも自然成分で、人口添加物も使っていないことがわかります。

 

「ん〜?なのに副作用?」
と思ったのですが、一つ気になる成分がありました。

 

それが『キャンドルブッシュ』です。

 

 

ダイエット茶といえば、「キャンドルブッシュ」

イコールで結びつくほど、多くのダイエット茶に「キャンドルブッシュ」は使用されています。

 

「キャンドルブッシュ」は、アジア圏で古来より使用されてきました。

 

マメ科の植物になります。

 

キャンドルブッシュは、腸内環境を整える効果があります。

 

食物繊維を多く含んでいます。
その力により、腸内環境を整え、働きをよくしてくれます。

 

腸内の働きをよくし、便や老廃物を体外に排出することで、デットクス効果も期待できます。

 

ダイエット茶だけでなく、デットクティーにもキャンドルブッシュが使用されているのはこのためです。

 

つまり、キャンドルブッシュには「下剤」の作用もあるということになります。

 

しかし、キャンドルブッシュは「薬」ではありません。

 

マメ科の植物であることから「食品」になります。

 

決して危険な成分ではありません。

 

しかし、キャンドルブッシュの過剰摂取により、下痢や腹痛を起こす危険性があります。

 

国民生活センターは2014年に過剰摂取の注意喚起をしました。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140123_1.html

 

キャンドルブッシュが使用されている市販製品を調べた結果、過剰に摂取すると、医薬品の一つである下剤成分セノシドと同様の作用があることもわかったんです。

 

「ただ、ダイエット茶を飲んでいるつもりだったのに、知らずに下剤効果のある成分も一緒に摂取していた。」
という人が多く、一日に何杯も飲んで、その結果、下痢や腹痛になった。

 

ただのお茶を飲んでいたつもりが、急にお腹が痛くなり、下痢になれば、
「副作用がでた!」
と驚くのもムリはありませんね。

 

キャンドルブッシュが使われている製品の中には、多量に含まれているものもあります。

 

1日の摂取量を超えて、成分が使用されていないのかをチェックしましょう。

 

適量を超えて、過剰に摂取しなければ、キャンドルブッシュはコワイ成分ではありません。

 

国民生活センターの注意喚起も「摂り過ぎ注意!」というものであって、決して「摂っては危険!」ではありません。

 

腸内環境を整えてくれる成分ですから、ダイエットには欠かせないものでもあります。

 

下剤薬とは違い、自然な形で便を排出してくれます。
体への負担も、薬とは比べようがありません。

 

だからこそ、ダイエット茶というだけで安易に飛びつくのではなく、ちゃんと容量を守っている製品を選ばないといけません。

 

「安いから。」
「お得に買えるから。」
といった、安易な理由だけで商品を選ばないようにしましょう。

 

1日の摂取目安量が、書かれていない製品は特に注意が必要です。

 

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)のキャンドルブッシュは安全?

美甘麗茶(びかんれいちゃ)に使用されているキャンドルブッシュは安全でしょうか?

 

美観冷茶では、キャンドルブッシュだけが使用されているわけではありません。

 

キャンドルブッシュの全成分は、

  • キャンドルブッシュ
  • 黒豆
  • コーン
  • アマチャ
  • クマザサ
  • ルイボス
  • カワラケツメイ

になります。

 

ですので、キャンドルブッシュの影響はそこまで大きくなさそうです。

 

とはいっても、注意する必要もあります。

 

1日に10杯も飲めば、下痢や腹痛になるでしょう。

 

美甘麗茶を水の代わりのように飲むというのは止めた方がよいかもしれません。
特に、夏の時期はガブガブと水分を飲んでしまいます。

 

知らずに、多く摂取していたということがないように気をつけましょう。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)のHPには以下のようにありました。

 

つまり1日の摂取量に決まりはないということですね。
でも、それってちょっと不安。

 

ですので、おすすめは1日3杯まで。

 

いきなり、1日に多量に飲むのではなく、1日3杯程度から美観冷茶(びかんれいちゃ)を始めてみましょう。

 

効果を感じるのに敏感な人、そうでない人もいます。

 

自分がどれだけの量が適量なのかを、少ない量から始めて見極めてください。

 

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)でダイエットする秘訣!

キャンドルブッシュの副作用を出さずに、ダイエットを成功させる秘訣があります。

 

そもそも、ダイエット茶を間違って摂取している人がいるからこそ
「副作用がでた!」
となります。

 

ダイエット茶は、飲むだけで痩せるものではありません。

 

「私は、飲んだだけで痩せたよ。」
という人もいるかもしれません。

 

ですが、それはキャンドルブッシュの下剤効果により、体内に溜まっていた便が出され、一時的に痩せたのではないでしょうか?

 

便が出ることで、痩せたことを、
「ダイエット茶を飲むと短期間で痩せられる!」
と勘違いしている人もいます。

 

ですが、そうではありません。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)もそうですが、美甘麗茶(びかんれいちゃ)を飲むだけで短期間で痩せることはできません。

 

「えっ?じゃあ、ダイエットできないの?」
と思いますよね。

 

美甘麗茶を使ってダイエットする正しい方法は、「置き換えダイエット」になります。

 

美甘麗茶はノンカロリーです。
人工甘味料などは一切使っていないのに、砂糖3杯分もの甘さを感じるお茶です。

 

だからこそ、置き換えダイエットにはピッタリです。

 

朝食の代わりに美甘麗茶(びかんれいちゃ)を飲む。
普段のおやつの代わりに美甘麗茶(びかんれいちゃ)を飲む。

 

これだけで、摂取カロリーは大幅に減らすことができます。

 

摂取カロリーが減れば、当然痩せることができます。

 

体重が減らない大きな理由は、摂取カロリーが高すぎるためです。

 

摂取カロリーを減らすには、食べなければいい。

 

ですが、そんなことはできません。
過剰なダイエットは、健康面にも、美容面にもよいことはありません。

 

体重は減るかもしれませんが、キレイにはなりません。

 

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の成分を見てもらえればわかるように、健康面・美容面にも最適な成分が使用されています。

 

つまり、キレイに痩せることができるということです。

 

ただ、美甘麗茶(びかんれいちゃ)を飲むだけで痩せるということはありません。

 

腸内環境が整うことで、一時的に痩せることになるかもしれません。
しかし、飲むだけでは5kg、10kgと痩せることは不可能でしょう。

 

腸内環境を整える目的だけで飲むのなら、何かと置き換える必要はありません。

 

普段の飲み物を美甘麗茶(びかんれいちゃ)に変えて飲むだけで、腸内環境を整えることはできます。

 

しかし、ダイエット茶として飲むのなら、普段摂っている食事、間食、ジュースなどと置き換えてください。

 

置き換えダイエットを、継続することで、腸内環境を整えつつ痩せることにつながります。

 

ダイエットとして、美甘麗茶(びかんれいちゃ)に即効性を求めるのではなく、うまく付き合っていくことが成功の秘訣です。

 

あなたも、美甘麗茶(びかんれいちゃ)とうまく付きあってダイエットを成功させてくださいね。

 

>>美甘麗茶に副作用の心配なし。詳細はこちら