置き換えダイエットを行う期間はどのくらいが最適?

置き換えダイエットには、大きく2つの方法があります。

それは、1日3食全てを置き換える方法と、1食から2食を置き換える方法です。

無理のないダイエットをする上で、食事管理をするという事は必須のことですが、無理な食事制限はリバウンドにつながります。

その為、1日3食をカロリーの低い食品にするという事は、決して健康的とは言えません。

しかし、体質改善や普段の食事を見直すという意味では一定の効果を期待することが出来るでしょう。

もし、1日3食全てをダイエット食品などにするという場合には、長い期間は行わないようにしましょう。

個人で行う場合には、3日程度が限度と言えます。

長期的に行ってしまうと、低栄養状態になってしまい、健康を害する可能性がありますし、リバウンドしやすくなってしまいます。

そして、1日1食から2食をカロリーの低い食品にするという方法の場合は、1週間から2週間程度は継続して行っても、健康を害する事は無いとされています。

この方法は、普段の食事を摂りながら行うことが出来るため、体への負荷が少ない方法であることは間違いありません。

しかし、必要以上に食べすぎてしまったり、バランスの悪い食事をしていると、カロリーオーバーとなってしまうこともあります。

食事は、バランスを考慮して食べるようにしましょう。

体に負荷が少ないとは言え、長期間続けるという事は、避けるようにしましょう。

いずれの方法も、長期的に行ってしまうと、体がエネルギー不足を感じ、脂肪ではなく、筋肉を分解して体を維持するためのエネルギーを得ようとします。

筋肉が少なくなることで、一時的に体重は減少するかもしれませんが、消費カロリーが減るため、基礎代謝が少なくなってしまいます。

その結果、太りやすく痩せにくい、冷えやすい体になってしまう可能性があります。

カロリーの少ない食品は、ビタミンやミネラルなどのバランスが良いものでも、体に必要な栄養素である炭水化物やタンパク質は十分に含まれていない事が多く、長期間行うのは不向きです。

そのため、置き換えダイエットを行う時には、長期的に行うのではなく、定期的に行うようにしましょう。

1週間に1回や1か月に2回など、自身の生活スタイルなどを考慮し、無理のない範囲で行うようにしましょう。

この方法であれば、食生活の見直しにもつながりますし、体への負担も少なく、リバウンドのリスクの少ないダイエットを実現することが出来ると言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。