置き換えダイエットは、リバウンドしやすいって本当?

置き換えダイエットは毎日の食事内容は変えずに1食、または1日だけ特定の食事に置き換えることで摂取エネルギー量を減らすダイエット方法です。

体重が増える原因は、消費エネルギーよりも摂取エネルギーが多いからです。

なので、摂取エネルギーを減らすことで、体重を落とすことができます。

置き換えダイエットは、高い確率で痩せることができるダイエット方法です。

ですがやり方を失敗すると失敗することがあります。

1食置き換えをしている安心感から、他の2食を食べすぎて、結局カロリーオーバーしてしまったり。

「置き換えダイエットをしているから。」
と運動をしなかったりすると、消費エネルギーが減ってしまいます。

そうなると、あまり効果が実感できないことがあります。

食べすぎないで、普段通りの食事を心がけたり、ストレッチやウォーキングを適度に取り入れると良いでしょう。

置き換えダイエットはリバウンドしやすい?

置き換えダイエットで一番心配なのがリバウンドです。

置き換えダイエットを行っている間は、食べたものを吸収しやすい状態になっています。

そのため、いつもより多く食べてしまうと太りやすくなってしまいます。

また、1日置き換えの場合にも、翌日に食べすぎると置き換えの効果がなくなってしまいます。

腹6~8分目にとどめるようにしましょう。

他にもリバウンドの原因があります。

置き換えによって、短期間で落ちた体重が、停滞期に入り体重が落ちにくくなります。

この時期は、体重が落ちにくいだけでなく、太りやすい時期でもあります。

ですので、少し気を抜いてしまったり、ダイエットをあきらめてしまうとリバウンドしてしまうことがあります。

停滞期を脱出するためには、落とした体重×10日間は維持するように食事内容や運動を心がけるようにしましょう。

また、筋肉が痩せてしまい基礎代謝が下がり痩せにくくなることもあります。

そのため、置き換えをしていない食事の時には炭水化物を極端に減らしたりしないようにしましょう。

炭水化物だけでなくビタミンやミネラル、脂質もダイエットに必要不可欠なので偏った食事をせずバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

置き換えダイエットは、手っ取り早く痩せることができるダイエット方法ではあります。
ですが、方法次第では、リバウンドを招いてしまう可能性もあります。

特に、夜ご飯に置き換えを行うと効果が出やすいのですが、お腹がすき、寝付けなくなり夜中に食べてしまう危険性があります。

そのため、初めて置き換えを行う人は、手軽な朝ごはんから置き換えを試してみると良いでしょう。

リバウンドをおこさないように自分に合った置き換え方法で行うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。