123

置き換えダイエットは、ストレスフリーでありながら短期間で成果の出るダイエット方法として大人気です。

食事を、栄養補助食品や、リンゴや野菜スープやサラダチキンなど。
特定の食品に置き換えることで行うだけでできるダイエットと謳われているのが置き換えダイエットです。

今では置き換えダイエットに最適なダイエット食品も多く販売されていますよね。

置き換えダイエット中には、運動をした方がいいのでしょうか?

果たして通常のダイエットには欠かせない運動は必要ないのでしょうか。

結論から言うと、運動をするのに越したことはありません。

特に、ダンスやジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。

有酸素運動は、は代謝を高める効果が高いため、効率よくダイエットすることができるのです。

また、置き換えダイエットは、いくら気を付けていても栄養が偏りがちになります。

ですので、長期的な継続はおすすめできません。

そこで運動を取り入れることで、健康に優しく痩せられるというのもポイントです。

タンパク質の不足は、筋肉量の低下の大きな原因です。

ですが、筋肉を意識して動かすことで衰えを防ぐことができるのです。

なかでも、おすすめのエクササイズを紹介していきます。

一つ目はラジオ体操です。

ラジオ体操と言えば小学生がやるものというイメージが強いですが、実は大人にこそやってほしいものなのです。

普段の生活では、動かすことの少ない筋肉を動かすことを目的につくられているんですよ。

なので、三分程度の体操でも、ジョギング一時間分程度の効果を得ることができます。

ラジオ体操って結構スゴイんです。

朝に行うと、筋肉を目覚めさせて1日の代謝をアップさせることができます。

夕方に行うと、脂肪を効率よく燃焼させることができます。

自分の目標に合わせて、時間を設定してみてください。

また、電車に乗っている時やテレビを見ながらでもできるエクササイズを日々の生活のなかに取り入れるだけでも充分です。

例えば、かかとの上げおろしはふくらはぎの引き締めに効果的です。

電車でつり革につかまっているときや、信号待ち、歯磨きの途中にもできる簡単なエクササイズです。

また、いつもはエレベーターやエスカレーターに頼っているところを階段を使ってみたりしましょう。

時間がある時は、ひと駅分だけ歩いてみるだとかでも充分な運動になります。

「体を動かさないと!」
と気負うと逆におっくうになってしまいます。
そうなると、なかなか続けることができないものです。

日々の生活のなかで
「もう少し体を動かせそうだな。」
というポイントを自分で見つけて、少し意識してみることが大切なのです。

そのような習慣と、置き換えダイエットを組み合わせることで、高いダイエット効果を得つつも健康な体を維持することができます。

コメントは受け付けていません。