メリットもあれば、もちろんデメリットもあるのがダイエット・・・。

1日3回の食事を1食〜2食カロリーの少ない食品に置き換えるという「置き換えダイエット」

 

これまで断食のように食べるのを我慢するダイエットをしてきた人にとっては、続けやすく挫折も少ないダイエット法といえると思います。

 

『それなら、簡単に痩せられるじゃない』
と考えると思いますが、この置き換えダイエットにも、実はメリットとデメリットがあるんです。

 

そう簡単に成功しないのがダイエットです。

 

簡単ならばみんな痩せられて、ダイエットで悩む人がいないはずですね。

 

置き換えダイエットを成功させるために、ここでメリットとデメリットをきちんと把握しておきましょう。

 

置き換えダイエットのメリット

○置き換えるだけで手間がいらない
○いろんな種類のものがあり選べる
○自分の都合に合わせられる
○美容成分が入ったものもある
○運動するより効率がよい

 

置き換えダイエットのデメリット

×コストがかかる
×満腹感が得られない
×美味しくないダイエット食品もある
×リバウンドしやすい
×栄養不足に陥りやすい

 

置き換えダイエットには、このようにいい面もあれば、実は落とし穴もあったりするのです。

 

置き換えダイエットにはシェイクタイプ、ドリンクタイプ、ゼリータイプのものや、カロリーを抑えた雑炊やラーメンタイプなど様々なものがあります。

 

中には栄養士が監修したもので、ダイエットだけでなく美容成分を一緒に補ってくれる一石二鳥のものもあったりします。

 

反対に、自分で選んだものが口に合わなかったり、満腹感が得られなかったりするほか、栄養不足で肌に影響してしまうなんていうこともあるのです。

 

美味しいから続けられるかもと思っていても、1食何百円もするといったコストのかかるものも実は多く、これでは家計を圧迫して続けたくても続けられません。

 

また、確かに体重は少しずつ落ちてきているけれど、停滞期などもあるので短気な人はそこで『やっぱりダメじゃない』と途中で止めてしまう場合もあります。

 

そうなってくると本末転倒ですよね。

 

ダイエットは一筋縄ではいかないものです。

 

でもあきらめたらそこで負けですよ!

 

大事なのは「置き換えダイエット」にもこうしたメリットとデメリットがあるということを念頭に置いて、何を置き換えるのか選ぶということです。

 

例えばドリンクタイプなどでも、いろんな味が楽しめるようになっていたり、飽きない工夫もされていますが、一つのタイプだけでなく、いろんなタイプのものを組み合わせてもいい訳です。

 

朝忙しい人は、水や牛乳にサッと溶かして飲むタイプにするとか、お昼はお腹が空くから雑炊タイプのものにしてみるとか、やり方は自分でアレンジも出来ます。

 

自分のライフスタイルと照らし合わせ、どのタイプのものを朝・昼・夕の食事のどこに置き換えるか、まずは見極めて選んでみましょう。

 

ダイエットのやり方の中でも、挫折の少ないダイエット法といわれている置き換えダイエット。

 

メリットとデメリットを把握して置き換える食品を選び、まずは3ヶ月間、頑張ってみましょう!