リバウンドを起こさないために。ダイエット後に気を緩めないで!

ダイエットの落とし穴といわれる「リバウンド」

 

リバウンドとはダイエットをやめてしまった後に、体重が元に戻ったりあるいはそれ以上になったりすることをいいます。

 

ダイエット経験者の半数以上の人が、実はこのリバウンドを経験しているといわれています。

 

体重が元に戻ってしまったので、またダイエットを再開するという人もいます。
ですが、何度もダイエットを繰り返していくと、ますます痩せにくい身体になるといわれています。

 

ダイエットして目標体重になった途端、痩せたんだからいいでしょうとばかり、ドカ食いをしてしまったり、全く運動しなくなったりと、ダイエット前と同じような生活をすれば、当然体重はまた増えてきてしまいます。

 

頑張った自分へのご褒美と、たまには食べたいものを食べるのはストレス解消にはいいでしょう。
ですが、それを何度も繰り返していたらあっという間に元の体重に戻るばかりでなく、多くの場合それ以上の体重になってしまいます。

 

ダイエットを何度も繰り返すと、身体はますます太りやすくて痩せにくい身体になってしまうということを頭に入れておきましょう。

 

リバウンドを起こしやすいのは、ダイエット中にも起こるということも覚えておいてください。

 

それは「停滞期」といわれる時期があります。
順調に体重が落ちていたのにある一定の時期になると、同じようにダイエットしていても全く体重の変化がみられなくなる時があります。

 

これはダイエット中、誰にも起こることで身体の「ホメオスタシス」という働きによる現象です。

 

ダイエットしていておよそ1ヶ月から2ヶ月すると、身体は摂取エネルギーが少なくなっていることに気づきます。

 

すると身体は勝手に、摂取エネルギーが少ないので消費エネルギーも少なくしてしまうのです。

 

気温が高くなると人間は汗をかいたり、低くなると鳥肌がたったりして、体温を正常に保とうとする働きをするように、環境が変わると身体を元に戻そうとする力が、人間には備わっているからこのようなことが起こるんです。

 

リバウンドは意思が弱いということだけではなく、こうした身体のしくみによって起こります。

 

だから
「自分は意思が弱いんだ・・・。」
と落ち込む必要はありません。

 

ダイエット後も、必要以上のカロリーを摂取しないようにしながら、軽い運動を続けてカロリーも消費させるように生活していけば、頑張って手に入れた理想の体型を維持していくことが出来るのです。

 

ダイエットで理想の身体を手に入れた時は「ゴール」ではなく「新たなスタート」と考えて、理想の体型をキープし続けていきましょう!